本文へ移動

大津菊陽水道企業団の沿革年表

大津菊陽水道企業団の沿革年表

年(西暦)
主 な 出 来 事
大正 13年
(1924)
◇ 灰塚地区に鉄管給水の水道が竣工
昭和 2 年
(1927)
◇ 真木地区・中尾地区に簡易水道竣工
昭和 26年
(1951)
◇ 大津町に水道事業創設
昭和 28年
(1953)
◇ 県下各地で豪雨による水害が発生(6.26 白川水害)
※ 管内の水道施設にも被害が発生し、自衛隊の支援を受ける
昭和 29年
(1954)
◇ 各地区に簡易水道が布設される
昭和 30年
(1955)
◇ 白川中流域地区水道組合 発足 【 水道事業創設認可 】
昭和 32年
(1957)
◇ 杉水地区に簡易水道が竣工
昭和 34年
(1959)
◇ 日吉神社配水池 ※最初の配水池
昭和 36年
(1961)
◇ 原水西地区に水道布設
昭和 42年
(1967)
◇ 堀川配水池
昭和 43年
(1968)
◇ 白川中流地区水道企業団 と名称変更
昭和 44年
(1969)
◇ 大林減圧槽
昭和 45年
(1970)
◇ 上鶴第1水源さく井
昭和 48年
(1973)
◇ 白川中流地区水道企業団区域より熊本市域を移管
◇ 平川配水池・武蔵ヶ丘配水施設整備
昭和 49年
(1974)
◇ 給水区域、給水人口、給水量 変更認可 【 第1次拡張事業 】
(給水人口:20,000人・1日最大給水量:8,000m3)
◇ 戸次ポンプ所
昭和 51年
(1976)
◇ 柳水配水施設整備・大林配水池
昭和 52年
(1977)
◇ 畑配水池
昭和 53年
(1978)
◇ 美咲野配水池
昭和 54年
(1979)
◇ 大津菊陽水道企業団 発足
  (白川中流地区水道企業団、大津町、菊陽町の水道事業所統合)
◇ 給水区域、給水人口、給水量 変更認可 【 第2次拡張事業 】
  (給水人口:44,000人・1日最大給水量:17,600m3)
◇ 料金調定業務の電算化
◇ 曲手ポンプ所
昭和 55年
(1980)
◇ 集中豪雨により、管内水道施設に被害発生
◇ 吹田配水池
昭和 56年
(1981)
◇ 水道料金改定(改定率 35.1%)
◇ 給水人口、給水量 変更認可 【 第3次拡張事業 】
(給水人口:45,300人・1日最大給水量:17,990m3)
昭和 57年
(1982)
◇ 給水量 変更認可 【 第4次拡張事業 】
(1日最大給水量:20,385m3)
◇ 柳水第3水源・日吉ヶ丘第1水源さく井
昭和 58年
(1983)
◇ 日吉ヶ丘配水地
昭和 59年
(1984)
◇ 水道料金改定(改定率 25.07%)
◇ 室第2水源さく井
昭和 60年
(1985)
◇ 美咲野第1水源さく井・馬場ポンプ所
昭和 61年
(1986)
◇ 桜丘団地への給水開始
◇ 検針業務全面委託>
◇ 堀川水源さく井
昭和 62年
(1987)
◇ 給水区域、給水人口、給水量 変更認可 【 第5次拡張事業 】
(古城地区拡張・給水人口:49,500人・1日最大給水量:23,265m3)
◇ 高尾野水源さく井
昭和 63年
(1988)
◇ 水道料金改定(改定率 19.38%)
◇ 高尾野簡易水道の統合
◇ 高尾野配水池・美咲野第2水源さく井
年(西暦)
主 な 出 来 事
平成 元年
(1989)
◇ 大津町、菊陽町の下水道料金調定・収納業務受託
◇ 沖野配水池
平成 2 年
(1990)
◇ 日吉ヶ丘第2水源さく井
平成 3 年
(1991)
◇ 立野水源「ずい道」竣工
平成 4 年
(1992)
◇ つつじ台第2水源さく井
平成 6 年
(1994)
◇ 水道料金改定(改定率 23.68%)
平成 8 年
(1996)
◇ 大堀木配水施設整備・平川第2水源さく井
平成 9 年
(1997)
◇ 美咲野団地への給水開始
◇ 企業会計システム導入
平成 11年
(1999)
◇ 高尾野第2水源さく井・平川第2水源地整備・美咲野配水池増設
平成 12年
(2000)
◇ 給水区域、給水人口、給水量 変更認可 【 第6次拡張事業 】
  (給水人口:72,400人・1日最大給水量: 38,600m3)
◇ 検針用ハンディーターミナルの導入
◇ 管路情報システム導入
平成 14年
(2002)
◇ 光の森団地への給水開始
◇ 上猿渡ポンプ所移設
平成 15年
(2003)
◇ 給水人口、給水量 変更認可 【 第7次拡張事業 】
(給水人口 69,000人 ・ 1日最大給水量 30,600m3)
◇ 南沖野第1水源、第2水源さく井
平成 16年
(2004)
◇ 仮宿地区への給水開始
◇ コンビニエンスストア収納開始
◇ 南沖野配水施設整備
平成 17年
(2005)
◇ つつじ台配水施設更新
平成 18年
(2006)
◇ 中長期「工事計画」策定(平成18年度~27年度)
◇「水道料金審議会(水道料金のあり方について)」開催
◇ 大林送水ポンプ施設整備
平成 19年
(2007)
◇ 水道料金徴収を隔月制から毎月制へ変更
◇ 沖野第2水源・大堀木第2水源さく井
平成 20年
(2008)
◇ 取水地点の変更 変更認可 【 第7次拡張事業の1次変更 】
  (沖野・大堀木・伊勢前原の3水源追加)
◇ QRコードによる使用開始連絡の導入
◇ 伊勢前原第2水源さく井
平成 21年
(2009)
◇ 向陽台地区への給水開始
◇「水道ビジョン」策定(平成21年度~29年度)
◇ 集中監視装置(テレメータ)更新
◇ 水道料金改定(改定率△ 8.4%)、督促手数料の賦課(100円)
◇ 伊勢前原配水池
◇ 吹田水源さく井
平成 22年
(2010)
◇ 公的資金補償金免除繰上償還の実施
◇ 企業団の公式キャラクター決定
◇ 美咲野第3水源さく井
平成 23年
(2011)
◇ 東日本大震災発生 3.11
(災害用ペットボトルの提供・応急給水隊への職員派遣)
◇ 矢護川地区簡易水道組合の統合 変更認可 【第9次拡張事業 】
(給水区域、給水人口、給水量、取水地点の変更)
平成 24年
(2012)
◇ 公益財団法人「くまもと地下水財団」設立
(熊本県地下水保全条例の一部改正)
◇ 九州北部豪雨 7.12
※ 管内水道施設に被害発生、応急給水活動の実施
平成 26年  (2014)
◇ 取水地点の変更 変更認可 【 第10次拡張事業 】
(室第3水源さく井)
◇ 給水車の導入( 積載量 1.6t)
平成 27年  (2015)
◇ 楽善配水池施設整備
◇ 基本計画策定(平成28年度~37年度)
◇ 「新水道ビジョン」策定 (平成28年度~37年度)
平成 28年  (2016)
◇平成28年熊本地震 【 前震4.14、本震4.16 】
※ 管内水道施設に被害発生、管内の全戸断水
 ・管工事組合との災害協定により管路復旧活動   
 ・応急給水活動(九州・四国の4事業体より応援)
  応援事業体 … 大牟田市、高松市、高知市、四万十市
平成 30年
(2018)
◇平成30年7月豪雨
 県下の水道事業が一丸となって応急給水にかけつけた
(熊本県は主に広島県呉市での応急給水を請け負った)
◇平成30年12月 企業団防災倉庫が竣工
大津菊陽水道企業団
〒869-1221
熊本県菊池郡大津町陣内1938-1
TEL:096-293-7711
       (代表)
096-293-7802(総務課直通)
096-293-9834(工務課直通)
FAX:096-293-0202
営業時間:8:30~17:15
 
※緊急時の連絡先(時間外)
TEL:096-293-7714
1
9
7
0
7
4
TOPへ戻る